はじめての方 DVD セミナー 書籍 サービス 無料プレゼント よくある質問

職員がお客様をさくさく増やす 会計事務所のモデリング

もう新規拡大に悩まなくてもイイんです!

「顧問先の倒産・廃業が相次ぎ、売上がじわじわと減っている」
「最近、紹介がなかなか来なくなった」
「所長一人で営業をしてるけれど、職員は誰も乗り気でない」
「新規顧客を獲得すると、職員が露骨に嫌な顔をする」
「以前、営業社員を雇ったけれど、すぐに辞めてしまった」
「ホームページを新しくしたけれど、なかなか成約しない」

こんな会計事務所におすすめです!

新規拡大のキーワードは「職員営業」

「競合激化」
「顧問料の低価格化」
「他士業・他業界からの参入」
「中小・零細企業の相次ぐ倒産・廃業」
「クラウド会計の普及」
「深刻な採用難」

会計業界を取り巻く環境は厳しくなる一方です。

会計事務所はどうすれば生き残れるのか?

その答えのひとつが「新規顧客の獲得」です。

新規顧客を獲得し続けないと、事務所の成長はもちろん、現状維持もできなくなるのです。

「所長一人で紹介をもらってくる」営業では事務所の明日はありません!

これまでの会計事務所は、
所長先生自身が友人や知人、顧問先から紹介をいただき、
そのお客様の実務処理を職員が担当するというケースが一般的でした。

しかし、そのスタイルでは、所長先生が新規顧客を獲得したときの
職員さんの反応はいかがでしょうか?

「今でもいっぱいいっぱいなのに、また仕事が増える」

「新しいお客さんをやったところで、給料は増えるわけではない」

こんな感じで、露骨に嫌な顔をしていませんか?

なかには、こんな最悪事例もあります。

紹介会社から税理士を紹介された経営者が、
税理士事務所に面談に行ったとき、
応対した職員が露骨に冷たい態度を取り、
成約に至らなかった。

このように、新規顧客を受け入れないムードが事務所中に蔓延すると、
所長の営業活動も自然と振るわなくなります。

こんな負のスパイラルに陥っていませんか?

「新規獲得を増やしている事務所」の8割弱は「全員営業」
「新規獲得を減らしている事務所」の5割は「所長一人営業」

『2013会計事務所の経営白書』には、こんなアンケート結果があります。

新規開拓数を増やしている事務所の45%は「所長+スタッフ」
33%は「スタッフのみ」で営業活動を実践しています。

一方、新規開拓数を減らしている事務所の
50%は「所長のみ」で営業活動を行っています。

所長単独で新規獲得を行い、職員が業務を行うという従来のスタイルでは、
顧問先を順調に増やすことが難しくなっています。

今後、効果的な新規獲得を行うには、
職員も巻き込んだ営業・マーケティング活動が不可欠なのです。

4割の会計事務所が「営業担当職員」がいる!

また、『2015会計事務所の経営白書』には、こんなアンケート結果もあります。

「営業担当職員」の有無を尋ねたところ、
実に4割の会計事務所が「いる」という回答がありました。

グラフを見ると、営業担当職員が「いない」のパーセンテージに迫る勢い。

もちろん、多くの場合は営業専属ではなく、実務と兼任です。

しかし、「営業が(も)仕事」とされている職員が増加傾向にあるのです。

上のグラフは営業担当職員の数を表しています。

「1人」か「2人」の事務所が8割近くを占めております。

「4人」以上の回答には「全員で営業」という答えも目立ちました。

「営業担当職員」といっても、その内容は事務所によって千差万別。

主に次のようなケースが挙げられます。

●ホームページやDMからの問い合わせによる面談を担当する
●実際に企業に飛び込み営業をする
●紹介が望めそうな先(葬儀屋、他士業、不動産会社、リフォーム会社、他)に電話等で営業をかける
●既存顧問先に紹介を依頼し、アップセルを提案する
●職員個人の知人・友人に紹介を頼む

事務所の実情やカラーに合わせて、無理のない範囲で導入しているのです。

「どうやって営業社員を活用すればいいのかわからない」
こんな声にお応えしました!

「どうやって営業社員を活用すればいいのかわからない」

こんな声にお応えしました!

●これまで職員に営業をやってもらったことがない
●どういう仕組みで営業をすればいいかわからない
●営業未経験の職員にどうやって営業してもらえばいいのかわからない
●営業担当職員にどんなことをやってもらえばいいのか見当がつかない

職員がお客様をさくさく増やす 会計事務所のモデリング

このような所長先生、会計事務所のための情報教材ができました!

当教材は、営業担当の職員を活用し、
成果を上げている例や、 職員が中心となって新規拡大を実践している会計事務所の事例を紹介。
営業社員を導入するノウハウが学べます。

「職員がお客様をさくさく増やす 会計事務所のモデリング」の特徴

職員がお客様をさくさく増やす 会計事務所のモデリング

★新規獲得に積極的な会計事務所の事例が学べる!
実際に営業担当社員を活用している会計事務所の事例を大公開。

★コメント動画とインタビュー記事で学べる!
営業担当社員の事例を、所長税理士のコメント動画とインタビュー記事で学べます。

★新規獲得に積極的な第一線の税理士が取材に協力
現在、新規獲得に積極的で、営業担当社員を効果的に活用している税理士が、プロセスとノウハウを語ってくださいました。

★新鋭税理士のコメント動画を一度に集結した雰囲気で見られる
コメント動画に出演した税理士は6人。皆様ご多忙なので、同一日時のセミナーでこれだけお集まりいただくことは不可能ですが、収録DVDなので一度に集結した雰囲気で学べます。

★忙しい所長先生でも「いつでも」「どこでも」「何度でも」学べる
テキストとDVDなので、忙しい所長先生でも「いつでも」「どこでも」「何度でも」学べます。

★事務所のカラーにマッチした営業システムをイメージできる
講義テキストやDVD講義で学べば、ご自身の事務所のカラーにマッチした営業システムを描くことが可能です。

主な内容

【テキスト】
・はじめに
・キーワードは「職員営業」
■事例編
1.黒川税理士事務所(東京都多摩市)

「Q-TAX店長」として営業活動全般を任せる
2.税理士法人イデアコンサルティング(東京都渋谷区)
適性あるメンバーを選抜し営業部隊を結成
3.税理士法人斎藤会計事務所(東京都杉並区)
既存顧問先への提案営業を全員で実施
4.松本税務会計事務所(東京都江東区)
「営業」を意識させ、決算時に見込み紹介の声がけを徹底
5.ITA大野税理士事務所(東京都板橋区)
「初期指導担当」スタッフが営業活動をサポート
6.青色申告会計(東京都千代田区)
顧問料の7割をコミッションとし全員で営業
7.ファーストアカウンティング江原会計(栃木県足利市)
業務監査メンバー全員が営業を兼務
会計事務所営業「足報記」
■特集
あなたの事務所にマッチした営業システムは?
成果給はどのようなものがあるのか?
営業担当職員をサポートする「事務所の契約力」 ほか

【DVD】
■事例編
「会計事務所営業最前線」

職員営業がうまくいっている会計事務所のコメント集
「営業システムの特徴」「職員営業のポイント」ほか
1.黒川税理士事務所(黒川明税理士)
「Q-TAX店長」として営業活動全般を任せた経緯と効果
2.税理士法人イデアコンサルティング(伊東大介税理士)
適性あるメンバーを選抜し営業部隊を結成! 2014年は200件以上の新規獲得!!
3.税理士法人斎藤会計事務所(斎藤英一税理士)
既存顧問先に「経営計画」「相続」パッケージの提案営業を全員で実施
4.松本税務会計事務所(松本崇宏税理士)
全員が「営業」を意識させ、チームプレーによる営業を実践
5.ITA大野税理士事務所(大野晃税理士)
スタッフを「初期指導担当」に任命し、フットワークよく営業活動
6.青色申告会計(元村康人税理士、鷹宮和宏氏、尾島穣氏、上田宗生氏)
顧問料の7割をコミッションとし全員で営業! 営業社員自らのコメントも収録!!
■講義編
解説:景山健市(株式会社アックスコンサルティング チーフコンサルタント)
・職員営業なしでは事務所は大きくならない
・職員営業の効果
・なぜ今まで営業社員が根付かなかったか?
・いかにして職員に営業してもらうか
・営業社員の採用方法

【付録CD-ROM】
■ツール集

営業社員が実際に営業活動を実践する際に役立つツール類をCD-ROMに収録しました。
01.契約力チェックシート
営業活動を始めるにあたり、契約力があるのかどうかをチェックできます。
02.顧問契約書ひな型
顧問契約で欠かせないのが顧問契約書。まだ整備されていない事務所は、ぜひひな型として適宜編集してお使いください。
03.見積書ひな型
お客様が会計事務所を決める要素として依然と根強いのが価格です。しっかりとした根拠で見積書を作成すると、成約率がアップします。
04.面談ヒアリングシート
お客様と面談をする際に大事なのはヒアリング。シートにのっとってヒアリングすれば、聞き漏れもなく、成約につながります。
05.競合比較表ひな型
現在の新規顧客獲得においては「競合」の存在は無視できません。できる限りお客様からヒアリングし、エクセルシートに記入しましょう。
■書式集
実際に営業担当社員を雇用するときに活用できるツール類が入っております。
01.内定通知書
採用の内定を出したときにぜひ活用しましょう。
02.誓約書
入社後の万一のトラブルに備えて、あらかじめ書いてもらいましょう。
03.身元保証書
念には念を入れて採用したい会計事務所におすすめです。
04.不採用通知書
不採用時にしっかりした対応をしておくと、事務所の評判が高まります。

「職員がお客様をさくさく増やす 会計事務所のモデリング」を活用すると、このような効果が得られます。

●職員が自発的に新規拡大を実践するようになる
●所長の新規拡大に関する負担がなくなり、事務所経営の時間がとれる
●顧問先がコンスタントに増加する
●事務所の売上が右肩上がりに増加する

先生のご事務所が、営業社員を活用して組織的な営業・マーケティングを実践できるようバックアップいたします!

職員がお客様をさくさく増やす 会計事務所のモデリング

●顧問先が減っている会計事務所
●所長一人で新規獲得を行っている会計事務所
●職員が新規獲得に消極的な会計事務所
●新規獲得が思うように進まない会計事務所
●新規獲得を職員にも任せて、内部体制の整備を進めたい会計事務所

このような会計事務所の所長先生は、ぜひ、この機会に「職員がお客様をさくさく増やす 会計事務所のモデリング」にて、組織的な営業の仕組みを築いてみませんか?

概要

DVD
  • 税理士向け

職員がお客様をさくさく増やす 会計事務所のモデリング

職員がお客様をさくさく増やす 会計事務所のモデリング
商品コード 2415A03
商品名
職員がお客様をさくさく増やす 会計事務所のモデリング
製作年月
2015年03月
仕様
本編+DVD2枚(約130分)+データCD-ROM(1枚)
通常価格
48,600 円 (税込)
販売価格
48,600 円 (税込)
獲得ポイント
9,000 pt
数量
カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

新規コメントを書き込む

おすすめ!

司法書士・税理士のための生前対策完全パッケージ 鶴田式新卒採用メソッド 補助金申請キット 民事信託で相続ビジネス拡大パッケージ 美容・飲食業に特化した「阿比留式」ビジネスノウハウ大公開 会計事務所“給与”と“評価”の仕組みづくり 月次試算表を活用した若杉流経営指導ノウハウ 新設法人完全攻略キット