はじめての方 DVD セミナー 書籍 サービス 無料プレゼント よくある質問

  • “無料会員登録
  • 無料プレゼント
  • 否認された節税対策の事例と解説
  • タイプ別顧客対応マニュアル The Color Code -ザ・カラーコード
  • 無料・新規会員登録
実務に身近な国際税務の基礎知識

もう「専門外」では済まされない!
必要性高まる国際税務の知識

「今度海外に進出しようかと思うんだけど」
「海外に移住すると税金はどうなるの?」
というように、
お客様から突然、国際税務に関する質問を受けるケースは少なくないでしょう。

そんなときにスラスラと答えられると、お客様に不安を与えることがなく、
「この税理士はよく知っている」と、良い印象を与えられます。

当DVD教材は、実務上身近に接する国際税務の基礎知識を解説。
「国際税務は専門外」という税理士先生も、最低限の知識を知っておけば、
顧問先から一目置かれるようになるでしょう。

講師からコメント

かつては国際税務というと、大企業だけに必要な税務だと思われていました。しかし昨今では中小企業でも国際取引が増加しており、それに伴い国際税務の必要性がますます高まっています。

製造業の中小企業で海外子会社を保有している割合が増えています。1994年では8.1%だったのが、2007年には17.1%と2倍以上の伸びを示しています。製造業以外でも、1994年の6.6%から2007年は12.1%と倍近く伸びています。

これはあくまでも海外子会社を保有している割合です。「子会社は持っていないけれども、海外に支店を設立した」「海外に支店や子会社はないけれども、国際取引を始めた」という企業を合わせると相当な割合になり、年を追うごとに増加しているものと推測されます。この結果を見ても、国際税務の重要性をご理解いただけるのではないかと思います。

国際税務は、法人税や所得税などの直接税に限らず、消費税や関税などの間接税も関係してきます。納税義務者としては、コンプライアンスと呼ばれるような課税所得の計算と税金の計算をするだけではなく、課税リスクを最小限に抑えることも重要です。いわゆるタックスプランニング、コンサルティングと呼ばれる業務は、国際税務の実務で非常に重要な部分になります。

そもそも「国際税務」とは何かといいますと「国際取引が行われたときの課税方法の取り決め」を指します。

何も国際税務の専門家だからといって、世界のすべての国の税務に精通しているわけではありません。

私自身はインドや中国などの税務については、実務を通じてある程度はわかるのですが、細かいことになると現地の専門家の方々と連絡を取り合いながら業務を行っています。ですので、こちらは日本側の税務、課税関係の専門家という立ち位置になります。

海外取引、海外進出と、グローバルな視点でビジネスを展開する中小企業は確実に増えています。クライアントから国際税務に関して質問を受けたときに、スムーズに答えられるようになることが、これからの税理士には求められるでしょう。

主な内容

第1章 国際税務とは
(1)国際税務とは
(2)海外子会社を保有する企業の割合
(3)居住地国課税と源泉地国課税
(4)日本の居住者・内国法人、
日本の非居住者・外国法人

第2章 租税条約
(1)国内法と租税条約との関係
(2)源泉税と租税条約

第3章 日本企業の海外進出
(1)日本企業の海外進出
(2)外国企業の日本進出
(3)進出形態ごとの税務論点
(4)海外子会社の役割と移転価格税制

第4章 タックスヘイブン税制・
コーポレートインバージョン

(1)タックスヘイブン対策税制とは何か?
(2)タックスヘイブン適用除外基準
(3)コーポレートインバージョン対策税制
(4)タックスヘイブン対策税制‐日本での税務申告

第5章 その他
(1)国際取引における外貨建債権、債務の換算
(2)日本人の海外移住
(3)相談機関

講師プロフィール

渕 香織氏 (渕香織タックスアンドコンサルティング所長 税理士))

外資系航空会社勤務経験を経て、税理士に転向。その後、都内の個人会計事務所および新日本アーンストアンドヤング税理士法人勤務。同法人勤務中には、経済産業省へ出向し国際税務税制改正要望をまとめる仕事にも従事。2010年12月渕香織タックスアンドコンサルティング設立。2011年には経済産業省管轄の団体である、独立行政法人 中小企業基盤整備機構 海外販路開拓支援アドバイザーに就任し、多くの中小企業の海外進出支援をしている。

関連商品

課税事例に学ぶ移転価格税制の留意点

課税事例に学ぶ移転価格税制の留意点

顧問先の海外展開に不可欠な「移転価格」を解説!

元国税調査官で東京国税局において20年近くにわたり実際の移転価格調査や実務を行ってきた講師が、実際の移転価格の調査の課税側に立った経験による視点から、移転価格調査の実例における問題となった点や、移転価格課税を受けないための留意点、対応策などにつき、分かりやすく解説いたします。

商品詳細はこちら

概要

DVD
  • 税理士向け

実務に身近な国際税務の基礎知識

実務に身近な国際税務の基礎知識
商品コード 2412J04
商品名
実務に身近な国際税務の基礎知識
製作年月
2012年10月
仕様
DVD1枚(約60分)+添付資料
通常価格
12,960 円 (税込)
販売価格
12,960 円 (税込)
獲得ポイント
600 pt
数量
カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

新規コメントを書き込む

おすすめ!

Professional Service Online 司法書士・税理士のための生前対策完全パッケージ 若杉流 早期経営改善計画コンサル完全パッケージ 鶴田式新卒採用メソッド 補助金申請キット 民事信託で相続ビジネス拡大パッケージ 美容・飲食業に特化した「阿比留式」ビジネスノウハウ大公開 会計事務所“給与”と“評価”の仕組みづくり